黒耀シークは愛を囁くのネタバレと感想!結末やあらすじは?

こんにちは!

神月凛先生の作品『黒耀シークは愛を囁く』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『黒耀シークは愛を囁く』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『黒耀シークは愛を囁く』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『黒耀シークは愛を囁く』を無料立ち読み

『黒耀シークは愛を囁く』のあらすじ

主人公のルチアはリグニス王国の王女。運命の恋に憧れる女の子です。しかし父親から自分の身は自分で守るようにと

幼い頃から武術を仕込まれたせいで王国中の男性から恋愛の対象外にされてしまいます。

そんなルチアに結婚話が舞い込みます。

お相手は砂漠の国ワルドザハラの王・アファルサード。

ルチアは結婚式で初めて会ったアルファルサードに一目ぼれします。

初めてのふたりの夜、甘いキスにとろけそうになるも自分に迫ってきたアファルサードをいつもの癖で思わず殴り飛ばしてしまったルチアは事の重大さに我に返り、アファルサードの前から逃げ出してしまいました。

自分の部屋で武術を仕込んだ父を恨み、自己嫌悪に陥るルチア。

次の日、ワルドザハラを案内してやると言われたルチアは風景などそっちのけでアファルサードに始終うっとり見惚れています。

欲しいものは何でも手に入れてやる、と同時にお前は妻ではなく俺の所有物のひとつだ言い放ちます。

無垢な花嫁の旦那様は自信家で意地悪でエッチなイケメンシークでした。

[ad#co-1]

『黒耀シークは愛を囁く』のネタバレと感想

途中、予想外にシリアスな展開となり、手に汗握るのストーリーが続き。ハラハラどきどきでした。

でも一時はアファルサードと別れることを決意したルチアも無事に王宮へ戻ることができ一安心。

めでたく成婚1周年を迎えたふたりは多くの民から祝福されます。

ラブラブなバカップルぶりも健在で何より!

政務を積極的にこなすアファルサードは無理がたたり体調を崩してしまいます。

この一件で信頼できる部下に任せるのも大事だと悟ったアファルサード。

今後のさらなる成長ぶりが楽しみです。

また7巻で初登場した隣国の王子カーディルは好人物を装って周りの目を欺き、ワルドザハラに居座ります。

彼は密かにワルドザハラを国ごと乗っ取ろうと目論んでおり動向が気になるところです。

きっとキーパソンの一人なるんでしょうね。

嵐の予感がしました。

さらにアファルサードは目に大けがをしてしまいます。

どうなることやら目が離せません。

どうにかルチア、アファルサードふたりの深い愛と絆、そしてルチアの鉄拳で困難を乗り越えていってほしいです・・。

とても可愛いイラストで読みやすいと思います。

アファルサードの変わりっぷりやふたりのアツアツぶり、胸キュンシーンの数々など女の子が夢中になる要素満載の

ラブコミックです。

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『黒耀シークは愛を囁く』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『黒耀シークは愛を囁く』を読む

PCの方はこちら

→『黒耀シークは愛を囁く』を読む

[ad#co-2]

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

まとめ

政略結婚の相手はイケメンシーク。でも傲慢で意地悪な自信家と性格は最悪・・。

無垢な花嫁ルチアとエッチな悪魔のアファルサードのラブコミックです。

『黒耀シークは愛を囁く』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『黒耀シークは愛を囁く』を読む

PCの方はこちら

→『黒耀シークは愛を囁く』を読む

[ad#do]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です