難病が教えてくれたことのネタバレと感想!結末とあらすじもアリ!

こんにちは!

なかのゆみ先生の作品『難病が教えてくれたこと』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『難病が教えてくれたこと』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『難病が教えてくれたこと』を無料立ち読み

もしくはこちら

→『難病が教えてくれたこと』を無料立ち読み

『難病が教えてくれたこと』のあらすじ

星野大也(ほしの だいや)は、生後9か月の時に呼吸困難に陥り、検査の結果「小児糖尿病」と診断されます。

糖尿病なら治る病気だとホッとする母親でしたが、大人と違い「インスリン」というホルモンをつくる細胞が破壊されている小児糖尿病は、一生治らない病気だと医師から告げられます。

毎日2回のインスリン注射、カロリー計算、母乳の禁止などショックを受ける両親でしたが、大也のためにオレンジやぬいぐるみで注射の練習をし、まるで虐待されているような目で母親を見る大也に、心を痛めながらも注射をする日々を送ります。

大也が5歳になったある日、夜食を取らずに眠ってしまった大也は夜中に発作で苦しみます。そこで血糖値の維持の大切さを改めて実感した大也は、自己注射を始めることにします。

その後小学校に入学した大也でしたが、血糖値維持のためクッキーを口にする大也はクラスメイトからいじめられてしまいます。

いじめから逃れるためお菓子を食べるのも注射をするのもトイレで済ませるようになった大也ですが、いじめに気付いた母親が先生に相談することに。

するといじめを先生に言いつけたと腹を立てたクラスメイトが大也のクッキーを食べてしまい、血糖値の下がった大也は授業中に倒れてしまうのでした・・・。

『難病が教えてくれたこと』のネタバレと感想

この作品は短編集になっていて、大也の他にも「プラダー・ウィリー症候群」や「小児くも膜下出血」といった難病と闘う家族の姿が描かれています。

生まれ持った病気の治療のため仕方のないことかもしれませんが、小さな体で自分で注射をしなければいけない、食べたいものが食べれないのに甘いものも無理にでも食べなければいけない・・・と制約の多い大也の生活に胸が痛みます。

 

小学校でいじめられ、家に帰って爆発した大也が花瓶を投げつけ「何でぼくだけ糖尿病なんだよ~!クソ~!」と泣くシーンは、もちろん大也も辛いと思いますがそんな大也を見守る母親も辛いだろうなと思います。

この後のネタバレですが、救急車で運ばれた先の病院では主治医の指示とは違う治療法を言い渡され、混乱する母親。

すぐにタクシーで主治医の元に向かい、今回は事無きを得ます。

 

主治医は、大也の病気は食事内容や運動量・ストレスなど様々な要素が絡み合う複雑な病気だが、血糖値の管理をきちんとすれば、旅行だってキャンプだって行けると言います。

そこで自分の体は自分で守ると心に決めた大也は、みんなの前で堂々と注射をし、自分の病気を臆せず周りの人に説明するほど頼もしく成長しました。

 

そして大人になった大也は医療に従事し、病気の子供たちと関わる道を選びます。

病気に負けず前向きに生きる大也と、大也を支える家族の絆が温かく、読み終わった後心がほっこりする作品だと思います。

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『難病が教えてくれたこと』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→本編を読む

もしくはこちら

→本編を読む

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

1ヶ月の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

1ヶ月無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

まとめ

難病の知識が広がり、難病を持つ人たちへの偏見がなくなればいいですね!

是非読んでみてください。

『難病が教えてくれたこと』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→本編を読む

もしくはこちら

→本編を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です