闇の病棟のネタバレとあらすじ!結末や感想は?渡千枝

こんにちは!

渡千枝先生の作品『渡千枝傑作集 闇の病棟』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『渡千枝傑作集 闇の病棟』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『渡千枝傑作集 闇の病棟』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『渡千枝傑作集 闇の病棟』を無料立ち読み

『渡千枝傑作集 闇の病棟』のあらすじ

舞台は40年前に廃業した精神病院の天城病院。

心霊スポットに訪れて肝試しをしている春樹、和馬そしてその彼女の華の3人が廃墟と化したこの病院に面白半分で入っていきます。

この病院に来る前にいった心霊スポットのトンネルではなにも出なかったので、和馬の名誉を挽回しようと華は心霊に詳しい友人にこの病院を教えてもらったのでした。

 

しかし、天城病院だけはひやかしで行くとこじゃない・・・と忠告されていました。

それだけヤバい場所ということです。

 

中に入るとカビくさく、窓にも鉄格子がはまっていて雑然とした雰囲気がおぞましさを増しています。

この病院が廃業した理由は院長の天城が失踪したことだったそうで、ここでは頭蓋骨に穴をあけて前頭葉の神経繊維を切断するロボトミー手術が行われていたと言います。

 

その手術は結果的に人格を破壊してしまうので今は行われていないが、当時は精神外科医のなかにはロボトミーを行う医師も多かったようです。

そのおそろしいロボトミー手術の内容について3人が話をしていると、ビシッと張り詰めた空気を感じました。

音のしたほうへ足を進めると鉄格子があり、隔離された病棟へつながっているのではないかと3人は向かうのでしたが・・・

[ad#co-1]

『渡千枝傑作集 闇の病棟』のネタバレと感想

その後3人は精神病患者が閉じ込められていたであろう部屋を発見したりして進んでいきます。

何もいなくても逆にいろいろな想像をさせられるのでとても緊迫感が伝わってきます。

 

そして華が急に寒気を感じ、『こんなところにいたのか』と声が聞こえてきました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ロボトミー手術はノーベル賞まで受賞した手術でうつや不安神経症に効果があるとされていました。

しかし手術を受けた数%の人はその場で命を落とし、手術が成功しても二重人格のようになったり無気力など人格が崩壊していく人もいるとかで副作用が多すぎて行われなくなったようです。

 

初めは頭蓋骨に穴をあけて行われていた手術も、目のふちからアイスピックを入れ小槌でトントン叩くように簡易的になり多くの人に行われたといいますが、医師の勘に頼る部分が大きかったというのでとても恐ろしく思います。

 

廃墟の病院という鉄板な心霊スポットでさらに精神病院というのが恐怖を煽ります。

全くの予測不可能ですから(;^_^A

 

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『渡千枝傑作集 闇の病棟』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『渡千枝傑作集 闇の病棟』を読む

PCの方はこちら

→『渡千枝傑作集 闇の病棟』を読む

[ad#co-2]

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

すでにU-NEXTに登録済みの方はFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメ☆

こちらも初月無料のプレミアムコースに登録すると100円分のポイントがもらえますのでお得に漫画を読めちゃいます。

まとめ

選んではいけない心霊スポットへ行ってしまった3人若者たちのお話です。

表題作のほかにもいくつか入っていてそれぞれ面白いです。

『渡千枝傑作集 闇の病棟』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『渡千枝傑作集 闇の病棟』を読む

PCの方はこちら

→『渡千枝傑作集 闇の病棟』を読む

[ad#do]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です