透明なゆりかご 弟 いらない子ははさみで顔を・・(ネタバレあり)

こんにちは!

沖田X華先生の作品『透明なゆりかご』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を無料立ち読み

[ad#co-1]

『透明なゆりかご』1巻第7話小さな手帳のネタバレ

弟が生まれていらない子になってしまったというミカちゃんのお話です。

この子は沖田さんが小学生の時の同級生でいつもボロボロの服を着ていてみんなにいじめられていました。

そして小学5年生の時に突然いなくなり、沖田さんは彼女が転校して行ったのだと思っていました。

 

8年ぶりにミカちゃんに再会することになった場所は沖田さんがバイトをしていた産婦人科医院でした。

ミカちゃんは流産を2回経験していて今回は19周目に入って切迫早産と妊娠中毒症で入院してきました。

未婚の母となろうとしていたのです。

 

カルテには身内の欄もあり、それを見て沖田さんはミカちゃんの母親が亡くなったことを知ります。

父親とは音信不通だと書いてありました。

一人で入院・出産をする妊婦は珍しくないのですが、沖田さんはミカちゃんと会わない空白の8年の間に何があったのだろうと考えるのでした。

 

ある日ミカちゃんの血圧を沖田さんが測りながら昔の話になりました。

急に転校したからてっきり遠くに行ったって思っていたよと言う沖田さんにミカちゃんは「私転校したってことになっていたんだ・・・

フフ・・・ ウケる・・」と少し冷めたような目をして言うのでした。

本当は転校したのではなかったのです。

 

命をつないだ母子手帳

ミカちゃんは母子手帳を取り出し何やら文字を綴っていました。

「そんなに書いたら生まれる前に書くスペースなくなるよ?」と沖田さんは言いましたがミカちゃんにとって母子手帳はかけがいのないものだったのです。

だから自分の子供のためにも何冊でも書いて子供が大きくなったら見てもらうと言いました。

 

ミカちゃんは大事そうにボロボロの母子手帳も持ち歩いていました。

それは自分が赤ちゃんの時にお母さんが書いてくれていたものでした。

 

「私は・・・この手帳があったから生き延びてここまで来られたの」

 

ミカちゃんは沖田さんに小学生の時のことを覚えているかと聞きました。

沖田さんにとっては一番つらい時期が小学生の頃でした。

学校の勉強にもついていけず母親からは「恥ずかしいことしないで」とよく言われ「恥ずかしい子なんだ」と涙して思っていました。

勉強ができず集団行動も出来ない沖田さんは学校でもいじめられていて、そんな時に同じくいじめられていたミカちゃんと仲良くなったのです。

 

ミカちゃんの家は裕福そうな外観でしたが、ミカちゃんは家でもお母さんからキツく当たられていました。

ミカちゃんのお母さんは男の子ができないことが原因で家族や親戚から責められ、そのストレスからミカちゃんへ暴力を振るうようになったのです。

 

家の外へ立たせることもしょっちゅうでした。

ある日ミカちゃんが沖田さんにだけ宝物を見せてあげるといいました。

それが母子手帳だったのです。

そこにはミカちゃんのお母さんの愛情がたくさん詰まっていました。

 

母にどんなことをされてもこれを見ると私は愛されていると思えたというミカちゃん。

沖田さんもミカちゃんに言われて子供のころ、自分の母子手帳を探しましたが何が書いてあるのか怖くて開くことができなかったそうです。

 

弟が生まれて本格的にいらない子に

ついに待望の男の子が弟として誕生しました。

するとミカちゃんは本格的にいらない子になったといい、ペットの犬にエサをあげる時にその横に同じく水とドックフードを並べられ食事を取っていました。

 

両親はたくさんの料理が並んだテーブルで弟にご飯を与えています。

そしてミカちゃんの部屋もいつの間にか弟のものになっていました。

ミカちゃんは物置で布団をかぶりながら母子手帳を眺めているとそこへ来た母親に取り上げられぐしゃっと潰されてしまいました。

「こんなに汚れて・・・もうダメね」そう言って取り上げられてしまったのです。

 

ある日家に帰ると弟のター君がはさみで紙を切って遊んでいました。

危ないから強引に取り上げるとター君の指が少しだけ切れてしまったのです。

泣き叫ぶターくんの元へ飛んでくる母親。

ミカちゃんがター君のことを話す間もなく母親は「何てことすんの!!」とはさみを取り上げミカちゃんの顔に突き刺すのでした・・・

 

次、ミカちゃんの意識が戻った時にはお母さんの姿はなく病院にいて保護されました。

 

高校生になって妊娠したが流産してホッとしたというミカちゃん。

母親に愛された記憶がない娘がどう自分の娘を愛せばいいか、自分も母親のように子供を苦しめてしまうのではないか?といつも沖田さんが考えているようにミカちゃんも思ったのだろうか・・・

 

再び妊娠して男に逃げられたミカちゃんは死のうと思ったと言います。

そんな時に母親の死の連絡を受けたのです。

捨てられなかった母子手帳

ミカちゃんの母は弟を産んだ後も家族や親戚と折り合いが悪く離婚して、その後再婚していました。

再婚相手の方が荷物を処分していてミカちゃんにも一応連絡したそうです。

 

荷物の中にあった家族写真はミカちゃんの顔だけ黒く塗りつぶされていました。

「こんなに私のこと嫌いだったんだ・・・」

再確認してしまったミカちゃんでしたがそこにはぐしゃぐしゃになった母子手帳がありました・・・・

 

詳しい内容は是非ご自身の目で確かめてみてください!(1巻に収録)

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を読む

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を読む

[ad#co-2]

 

[aside type=”normal”]

その他のお話のネタバレはこちら

→透明なゆりかご・保育器に2歳の子!未熟児が2年間放置された?

→透明なゆりかごのネタバレ!鍋バーのトラウベが牛小屋の赤ちゃんを救う

→透明なゆりかご 床下の子 つっちーのネタバレ!

→透明なゆりかごの青い目のネタバレ!外国人の子?

→透明なゆりかごの植物状態になった夫、寝たきりのネタバレ

→透明なゆりかごのネタバレ!小学5年生のカナちゃんは父親に・・・?

透明なゆりかご-保育器の子のネタバレ!

→透明なゆりかごの突然死症候群のネタバレ!ベビーカーにぬいぐるみ

→透明なゆりかご 視力・失明のネタバレ!ハイリスク出産の結末

[/aside]

こちらもオススメ☆

30代を過ぎた女性が自分の卵子の老化を認めずに妊娠しようとあがいた結果ドツボにはまっていき、破滅へと進んでいくお話です。

なかなか妊娠できない麻美は病院へ行くと卵子の老化を告げられました。
なんと麻美の卵子は40代の状態だといい、旦那の精子も元気がないと言われてしまい彼女がとった行動が驚きです!

→老いた卵子のネタバレと結末!無料の試し読みはここ

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を読む

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を読む

[ad#co-2]

1巻丸ごと無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→エロ漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXTです。

U-NEXTとは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXTの無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

感想

ミカちゃんの母子手帳には名前の由来や、大好きという言葉が書いてありました。

ミカちゃんは幼い頃に見捨てられていましたが、それでも母子手帳を捨てられなかったのはきっとお母さんも思うところがあったからに違いありません。

 

もしかしたらミカちゃんを愛せなくなってしまったこと、辛く当たってしまうことをお母さん自身苦しんでいたのかもしれません。

 

そんなお母さんの気持ちを、子供を産むことで少しは理解できるかもと思い出産に挑むミカちゃんはしっかり前を向いていてきっと子供にたくさんの愛を与えられるだろうと思いました。

 

その後自分の母子手帳も見てみることにした沖田さんもまた大きな愛情を知ることになり涙していたシーンが印象的でした。

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を読む

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を読む

[ad#do]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です