透明なゆりかごの突然死症候群のネタバレ!ベビーカーにぬいぐるみ

スクリーンショット 2016-08-06 20.28.38

こんにちは!

沖田X華先生の作品『透明なゆりかご』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を無料立ち読み

『透明なゆりかご』第19話突然死の別れのネタバレ

広告で見かけた乳母車にくまのぬいぐるみを乗せて海辺を散歩するお母さん。

息子さんは突然死症候群になってしまったと書いてあって気になって読んでみました。

 

第19話 突然死の別れ

沖田さんは小児喘息もちで定期的に発作をおこしていて、子供の頃からかかりつけのK医院に通院していました。

通院している時、そのK医院のお嬢さんである寺谷江梨子さんをよく見かけていて挨拶していました。

「突発性発疹よくなりましたか?」と沖田さんが尋ねると「はい、もうすっかり」と答える寺谷さん。

「38度以上の熱が出てびっくりして・・・ね?」とおんぶしている息子の聡くんに話しかけるとぶうううう〜とおならで返事をしてくれました。

 

江梨子さんは沖田さんのクリニックで出産したので、沖田さんは現在4ヶ月の聡くんを生まれた時から見ていました。

聡くんはどこにでもいる、抱っこが大好きな元気な男の子だったのですが・・・

 

3ヶ月後、聡くんが生後7ヶ月になったある日、沖田さんがいつものようにK医院で点滴を打っていると「誰か助けて!!息してない!!」と声が聞こえ救急隊員が運んで行ったのは変わり果てた姿の聡くんでした。

江梨子さんが声を上げていることで、沖田さんはかろうじて聡くんだとわかったほど顔色は悪く泡もふいていました。

緊急搬送された病院で心肺停止状態ではありましたが一命を取り留めた聡くん。

しかし、呼吸をしていない時間が長かったためほとんど脳が機能しなくなってしまいました。

 

 

 

沖田さんは××クリニックで他の看護師にその時のことを話しました。

すると看護師は「多分・・・聡くんはSIDSから蘇生した稀なケースだと思う」というのです。

SIDSとは乳児突然死症候群の事で事故や窒息ではなく眠っている間に突然死してしまう病気だと言います。

発症する原因はわかっていません。

 

治療を続け、投薬を続けていても徐々に内臓が機能しなくなり死に至るケースもあるといいます。

そういった治療をいつまで続けるのかは江梨子さんと旦那さんの決断次第でした。

 

聡くんが植物状態になってから江梨子さんとK医院で会うことはなくなった沖田さん。

江梨子さんのことを考えていると彼女の家の近くを通ると近所の人の噂話で聡くんが亡くなったことを知りました。

江梨子さんは治療をやめる決断をしたそうです。

 

その後江梨子さんはベビーカーにくまのぬいぐるみを乗せて聡くんに話しかけながら海へ向かいます。

近所の人に挨拶されてもサッと逃げてしまう。

子供を乗せていないベビーカーを押している姿を見られたくなかったのです。

 

沖田さんは海で裸足でベビーカーを押す江梨子さんと会う。

そんな彼女を見て、「まさか自殺する気なんじゃ・・」と思う沖田さん。

江梨子さんに話しかけてみても上の空で聡くんは死んでなんかいない、とまだ死を受け入れられていない様子でした。

 

江梨子さんのことを心配して他の看護師さんに相談した沖田さんは、天使の会という病気や事故で赤ちゃんをなくしたママたちの集いを紹介されます。

その会のパンフレットを江梨子さんに渡したものの参加することはありませんでした。

 

しかし1年後旦那さんと聡くんのビデオを久しぶりに見て、おならをする聡くんを見て笑顔になる二人。

旦那さんが「笑わなくなったママを見て悲しい気持ちになっているんじゃないか」と言って天使の会を見るだけでも行ってみないかと勧めてくれたのでした。

 

そこは子供を亡くした思いを話したい人が話すという会でした。

江梨子さんは他の参加者の話を聞いていると初めは辛くなると思っていたのに心が少し楽になっていく気がしました。

そして最後に自ら話したいと言い、突然死症候群になった日から治療をやめると決めた日までのこと、そして今でも聡くんを求めてしまい強くなれない自分を責めていることを赤裸々に話しました。

すると他の参加者がそばに寄り添ってくれて受け入れられなければそのままでいい、そういう母親はあなた一人じゃない、辛い時は一緒に分かち合える、支え合って生きていきましょうと声をかけられるのでした。

 

それから江梨子さんは積極的に天使の会に参加し他の仲間をサポートし、数年後代表となっていました。

子供を亡くした親は自分の大部分を失ってしまうのだと思うが、かけがえのない時間を一緒に過ごせた人生は素晴らしいものだと沖田さんは思うのでした。

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を読む

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を読む

1巻丸ごと無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→エロ漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXTです。

U-NEXTとは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

 

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXTの無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

感想

このような病気があるということも知らない人が多いのではないでしょうか。

可愛い真っ只中の赤ちゃんが突然呼吸が止まってしまったら・・・考えるだけでもぞっとします。

そして植物状態になっても、その子の命を生かし続けるのも治療をやめるのも親次第というのはとても残酷な選択肢だと感じました。

 

もしそうなった時、治療を続けても変わることはないとわかっていてもどこかに目を覚ましてくれるという期待を捨てきれない自分がいるんだろうな〜と思います。

そして治療を止める選択をしてしまえば自分が殺してしまったと、私なら思ってしまうかもしれません。

 

だけど、子供を亡くした親は事故であっても病気であってもあの時自分がこうしていれば!と責めてしまう気持ちを持っていると思います。

そんな気持ちを本当の意味で共感してくれる人がいるだけで、心は救われるのかもしれませんね。

 

 

『透明なゆりかご』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『透明なゆりかご』を読む

PCの方はこちら

→『透明なゆりかご』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です