裸族の花嫁のネタバレと感想!無料の試し読みはココ

こんにちは!

せら先生の作品『裸族の花嫁』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『裸族の花嫁』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『裸族の花嫁』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『裸族の花嫁』を無料立ち読み

『裸族の花嫁』のあらすじ

新人俳優のミチルは取材のためにジャングルを訪れるが取材班とはぐれてしまいます。

そこでミチルは裸族の現地人に見つかり、捕まってしまいます。

裸族はその名の通り全裸で、性的にもおおらかというかヤりたいときが今ならミチルは狙われてしまうわけです。

裸族は致したくなったらあちこちでおおっぴらにアーンなことをしています。

 

 

 

隠す気もありません。彼らには日常だからです。

そういう暮らしなので気に入った者同士が愛しあうのは自然の摂理(?)というもので、エロエロエロの連鎖です。

すごいですね。

久しぶりにこんな目からうろこなBLを笑いながら読みました。

 

 

 

そしてミチルを気に入ったのは美形、でも裸族のロディです。

美しい肉体に美貌のロディの嫁にされ、最初はいやがりながらもロディの無理強いはしない優しさや頼もしさ、笑顔に少しずつ惹かれて行くミチルでした。

せら先生の端正なイラストでも裸族のインパクトは大です・・・。

 

 

 

ギャグか!と最初思ったほどです(多分あながちはずれてはいない)。

ミチルは無事に発見されて日本に帰国することになります。

 

 

 

しかしロディが迎えに来て、最後は裸族の花嫁として裸族の村に帰りハッピーエンドです。

ほのぼのでえっちで甘くて明るくてひたすら楽しいBL作品でした。

[ad#boku]

『裸族の花嫁』のネタバレと感想

攻めのロディについて特筆すべきは片言でミチルの言葉をマネするところです。

ミチルが「帰りたい」と何度も言うからロディはそれがミチルの名前だと思って「カエリタ」と呼ぶシーンなんてもう、噴飯ものですよ!!!

かわいすぎるだろう!!!こんな攻めいないよ!!(いやいたから後述します)

 

 

 

日本に来たときも「ロディきたヨ」ですヨ。

見た目とのギャップ萌えってやつですね。

片言萌えが自分にあるとは思いませんでした。

せら先生のおかげで新たな扉を開いてしまいました。

 

 

 

同じような片言シリーズでエンゾウ先生の「マザーズスピリット」もオススメしておきます。

こちらも片言BLです。

「裸族の花嫁」よりシリアスなかんじですが「マザーズスピリット」、片言攻めがたまらないです。

これはBLCDにもなっているのでぜひ・・・!

 

 

 

普段あまりBLCDには出なくなってしまった日野聡さん攻めという、日野さんの片言と思うともう、諭吉を積んでいいです。

受けをらぶらぶらぶに愛している攻め様(見た目はパーフェクト)しかし残念な片言というギャップ萌えがたまらない「裸族の花嫁」でした。

かわいいしきゅんとするし、受けではなく攻めにかわいい!と思える作品は珍しいんじゃないでしょうか。

 

 

 

仕事に疲れて最近笑ってないなって方や裸族の肉体美が見たい方、ギャップ萌え最高という性癖にともに落ちて行きましょう。

ちなみにもともとはR18のアンソロ雑誌に掲載されていたお話なのでせら先生がずいぶん描き直されています。

とくにアーンなシーンや裸族ですね。

ちょっと惜しい気もしますが・・・。

とりあえずこれは推したいな!と思ってご紹介させていただきました。

 

 

 

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『裸族の花嫁』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『裸族の花嫁』を読む

PCの方はこちら

→『裸族の花嫁』を読む

[ad#in]

まとめ

今日は片言BLという新たなジャンルが築かれた記念日。
ギャップ萌えは最高ですし、美形の破壊力、そして裸族にすべて持って行かれました。最高!

『裸族の花嫁』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『裸族の花嫁』を読む

PCの方はこちら

→『裸族の花嫁』を読む

[ad#yaju]

[aside type="normal"]→漫画を読みすぎてスマホやポケットwifiが速度制限かかってる人必見!![/aside]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です