監獄実験の2巻をネタバレ!骨潰しゲームが酷い・・・

こんにちは!

原作:貫徹さん、作画:水瀬チホ先生の作品『監獄実験』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『監獄実験』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『監獄実験』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『監獄実験』を無料立ち読み

『監獄実験』の2巻のネタバレ

誰でも好きな相手を1ヶ月間監禁して何をしても許される監禁ゲームに招待された江山藍都。

1巻では藍都が三崎由乃に接触してから数時間後、原川に監禁相手を殺してしまったと連絡が入ったところで終わっていました。

まさか桐島彩を殺してしまったのか・・!と思いきや一緒にいた三崎のパートナーである戸宮が殺されていました。

もう、ボロボロに肉片となっていました^^;

 

藍都は小指が噛みちぎられたままだったので医者に塗ってもらい元どおりの小指にしてもらうのでしたが

医者がなぜすぐに治療しにこなかったか尋ねると藍都は「江山藍都の血を捨てたくて」というのでした。

その頃新村と原川が藍都と三崎の監視映像をチェックしていました。

そこにはとても恐ろしいゲームの様子が映っていたのです・・・

[aside type=”normal”]行われた骨潰しゲーム[/aside]

監視映像には初めは三崎の部屋でじゃれあう藍都と三崎が映っていました。

しかし藍都は欲情もせずその先の監禁室をじっと見ていたのです。

 

そして二人はこの監禁ゲームについて語り合い、二人ともどうすればいいのか、ゲームの意味を模索していました。

そして監禁室に一緒に入ることになり、三崎が何か面白いことしたいよねというのでした・・・

 

そこで藍都が提案したのが「骨潰しゲーム」。

16世紀ごろ貴族が遊んでいた悪魔のゲームです。とても内容は人間がやっていたとは思えません。

 

ルールは奴隷を一人連れてきて交互に殴る。

奴隷は当然「助けて」と言いますが、続けるうちに「殺して」に変わると言います。

ソレを先に言わせたほうが勝ち・・・

 

原川はそんなことを提案する藍都が本当に江山藍都なのか疑ってしまうくらい変化していました。

交互に殴り、しまいには三崎が持ち込んだ毒蛇まで使う。

藍都は「おもろっ」と悪魔のような顔で言うのでした。

結局戸宮は「殺して」という間もなく殴り殺されています。

 

パートナーを殺してしまった三崎は失格。

九字間はこんなことで失格にはしないと原川はいい、藍都は失格にはなりませんでした。

その頃藍都は部屋で嘔吐していましたが、戸宮の絶望が面白く最高で桐島だとどうなるんだと胸を躍らせていて以前の藍都はそこにいませんでした。

 

三崎の元へは担当の新村が話をしに訪れますがなんとバスタオル一枚で出てきます。

三崎は精神鑑定の後ゲーム終了まで部屋で待機したのち、借金返済まで仕事をさせると言われるのでした。

勝又の復讐の目的

勝又には幸という娘がいます。

以前幸は複数の男に公園のトイレでレイプされ、さらに殺されそうになりました。

一命は取り留めたものの精神を病み、入院しています。

 

勝又は幸を支えるために職を変えようと退職した矢先、妻が突然姿を消した。

そんな絶望的な状況の中で監禁ゲームの誘いが来たと言います。

 

パートナーの倉梨から「娘さんの治療費のために参加を?」と聞かれるが、勝又の本心は違いました。

賞金をもらったら、幸を暴行した犯人をいくらかかっても見つけ出して殺してやろうと思っていたのです・・・

桐島彩の逃亡

彩は江山の名前がわかったからこれで家に帰れると考えていました。

そこへ藍都が来て、彩を殺したらもっと面白そうだけど殺したら終わっちゃうと恐ろしい発言を繰り返し異常な雰囲気を醸し出していました。

2日目が終わり、藍都は家に帰る途中同級生に絡まれ殴られます。

そこで藍都はイジメの元凶は桐島彩だけど彼女がいなくても変わらないと思いました。

 

だけどそれがいじめていい理由になるわけではない、と彼女に復讐を再度誓うのでした。

翌日彩に水やおにぎりを与える藍都でしたが、彩に「罪悪感はないの?」と問いかけます。

彩は全くなく「悪いのは弱いままの江山藍都」ときっぱり言い、弱かった自分も変わって強くなったことを正当化していました。

彩は父親から暴行を受けていてされるがままでしたが、強くなって「だから・・・私はあいつを」とそれ以上は言いませんでした。

そんな彩の強さに感心しつつハンマーで殴る藍都。

弟の話題になり藍都は彩の弟に会いに行きます。

 

二人の弟、優と快。

上の弟である優に近づき話しかけた藍都のことを優は覚えていた。

かつて彩と一緒に帰っていたのを見ていたからです。

 

そんな優に藍都は「彩は嫌われていた、いじめっ子だった」などと小指の傷を見せながら優を絶望させました。

藍都はイジメの快楽に溺れていきます・・

 

彩はなんとかこの監禁ゲームから脱出したいと、期間中1度だけ使用できる10分間拘束具解除オプションを使用します。

50万円しますが、江山の名前を当てれば相手の借金になると踏んで逃げようと考えるのでした。

しかし10分後外に出てやっと街が見えたところですぐに捕まってしまい、元の監禁部屋へ戻されるのでした。

九字間と原川の思惑

原川の元へ九字間から連絡が入ります。

名前宛の後に参加者同士の生き残りゲームを始めるというのでした。

それは藍都と勝又を対決させようと考えていたのです。

その企画書を作ったのは原川でしたが、新村には内緒のようで原川は楽しんでいました。

 

そんな彼に九字間は「本来の目的を忘れるな」といい「桐島彩から目を離すな」と。

彼らにとって彩の存在とは一体なんなのでしょうか・・・

[ad#co-1]

『監獄実験』の感想

今回も結構グロテスクなシーンが数多くありました。

特に戸宮が惨殺され、お風呂場に浮いていたのはとても気持ちが悪い感じがしました。

 

よくもまあそんなとこでシャワーでさっぱりできるなぁ^^;

3巻への伏線として、彩がこの監禁ゲームの鍵を握る存在という終わり方でした。

 

一体九字間や原川と彩はどういう関係なのか、今後が気になります!

 

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『監獄実験』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『監獄実験』を読む

PCの方はこちら

→『監獄実験』を読む

[ad#co-2]

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

すでにU-NEXTに登録済みの方はFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメ☆

こちらも初月無料のプレミアムコースに登録すると100円分のポイントがもらえますのでお得に漫画を読めちゃいます。

まとめ

監獄実験1巻のネタバレはこちらの記事をどうぞ☆

→監獄実験1巻のネタバレと感想

『監獄実験』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『監獄実験』を読む

PCの方はこちら

→『監獄実験』を読む

[ad#do]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です