明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲のネタバレと感想!結末やあらすじは?

h_005

こんにちは!

森野きこり先生の作品『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を無料立ち読み

『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』のあらすじ

時は明治。一宮隆生は長男で家族からの期待を一身に背負っていたが、できのよい弟に家族の期待は移り、自ら家督を弟に譲って自身は警官になりました。

一宮隆生の初めての仕事として遊郭で豪遊しているという、「自称・拝み屋」の外国人を調査するものでした。

手配書の似顔絵は着物をまとう、キツネ目の外国人で、噂によると市民に嘘八百を並べ立て、心を惑わすというものでした。

一宮隆生は遊郭をうろついていると、いつの間にか腕に遊女がまとわりついていました。「ここよぉ。お巡りさん」「ははははなせ、俺は勤務中だ」

一宮が振り払おうとすると、遊女の身体が透けていることに気づきました。

一宮は昔からこういうたちのものを見やすい体質だったのです。

近くの廓から争う声が聞こえ、一宮は廓に乗り込みました。

そこには美しい遊女をはべらせた手配書に似た外国人がいたのです。

その外人は和名の「小泉八雲」を名乗りました。

一宮は捜査のため帰宅する彼の家まで同行することしたのですが・・・

『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』のネタバレと感想

帰宅中八雲は「ねぇお巡りさん、私は常日頃から正直に言葉を申しておりますよ?」と話し始めます。

「たとえば、あなたと同じくらいの背格好の男性、古い一文字傷がある・・・」八雲が話すと一宮の顔色が変わったので八雲は「なーんて、冗談ですよ」と続けました。

このシーン、八雲は何でもお見通しで一宮の反応を楽しんでいるように見えました。

一宮はくそ真面目で、冗談が通じない少し神経質気味な男性だと感じました。

一宮が神経質気味になったのも、この幽霊などが見える体質によって”家族から嘘ばかりいって惑わす”と、つまはじきになってしまったという生い立ちからくるものなんだろうな、と思います。

たぶん、一宮の初めての仕事の八雲と、自分自身に重なる部分があるから、余計に八雲に対して過剰反応して、一宮はこの詐欺師!と八雲を罵ってしまったんだろうなと。

続けて八雲は一宮の腕に絡みつく遊女について「あなたの隣の女性も見えます」と、

一宮は「別に何もおらんし、見えん」と返しますが、内心まぐれだと思いながらも もしかすると・・・とこの時点で思っています。

八雲との会話の中、ふと腕に絡み続ける遊女の霊が一宮に話しかけてきます。

「あたし、子供を探してるの」

一宮は過去の経験から話しかけてお願い事してくる霊に対して悪い印象しかなく、マズイことになったと冷や汗をかきはじめます。

彼らのお願い事には耳を貸してはいけない、そう思いながら、遊女を無視し続けると遊女は八雲が居るからかと思い、一宮の身体を操り、一宮を八雲から引き離そうとします。

遊女に操られ、ついた場所は人骨がごろごろと転がる森の奥・・・、遊女は子供会いたさに化け物への生贄を探していたのです。

そこへ颯爽と八雲が現れ、手にした本に怪異を閉じ込めました。八雲は本の中に「怪談」として長く語り継ぐために集めていたのです。

「血まみれ長屋」に住み、怪異を集める、奇妙な外国人ですが、そんな八雲に関わることで、一宮の受難の日々と彼の隠された過去も暴かれていくお話です。

独特のタッチの絵でホラーのお話らしく薄暗い印象を受けますが、絵自体はいまどきの漫画の絵なのでホラーが好きな方は抵抗無く読める作品だと思います。

私はホラーがあまり得意ではなく読んでる最中、背中がひんやりしたので明るい時間に読むことをおすすめする作品です。

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を読む

PCの方はこちら

→『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を読む

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

すでにU-NEXTに登録済みの方はFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメ☆

こちらも初月無料のプレミアムコースに登録すると100円分のポイントがもらえますのでお得に漫画を読めちゃいます。

まとめ

主人公・一宮隆生の過去にまだまだ謎がありそうですし、八雲は一体、何者なのかといったところも気になるところですね。

描写がとてもキレイで物語の奇妙な雰囲気に背筋をゾッとさせながらも、読んでいくうちにストーリーに入り込んでしまうような作品になっていますのでぜひ一度、読んでみてください!

『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を読む

PCの方はこちら

→『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です