憂国のラスプーチン6巻を無料で全部読めるサイトまとめ

この記事では「憂国のラスプーチン6巻」を無料で1巻丸ごと読めるサイトをまとめています。

公式サービスではもらえるポイントを使用して無料期間中に解約すれば実質無料になるところをご紹介しています。

公式のサービス

動画だけじゃない!漫画も読める公式のサービスです。

FOD-フジテレビオンデマンド-

music.jp

U-NEXT

FOD-フジテレビオンデマンド-

AmazonアカウントでFODプレミアムが1ヶ月無料1300ポイントをゲットして無料で漫画2,3冊分くらい読めます。ポイントゲット方法はこちら

music.jp

当サイトから限定で2000コースが30日間無料2660ポイント+動画ポイント8000ポイントももらえて漫画は6冊分無料に。※現在こちらのキャンペーンは終了して、500コースで2640円分のポイントがもらえます。公式ページには載っていませんのでこちらからどうぞ。

U-NEXT

1ヶ月無料お試しでもれなく600ポイントがもらえて漫画1冊分無料で読めます。詳しくはこちら

「憂国のラスプーチン6巻」あらすじ

いよいよ法廷闘争へ…運命の判決は!?

遠隔操作ウイルス事件で誤認逮捕され、当初は否認していたものの罪を自白した19歳青年が、保護観察処分となった。
ところがその後、冤罪だということが判明したのは記憶に新しい。

捜査機関が、青年が真犯人であるという自分達に都合の良いストーリーを創作し、それに従った形で強引に自白を引き出したのは明らかだ。

しかし本作品を読めば、そんなのは日本の検察では当たり前のことに過ぎないという事実を知ることになるだろう。

「背任」と「偽計業務妨害」で逮捕・起訴された元外交官・憂木衛の主戦場は裁判所となった。
憂木が取り巻きにいい顔したいため、外務省の関連機関からカネを引き出し、イスラエル人教授夫妻に日本旅行をプレゼントしたと検察は言う。憂木がイスラエル出張したのも、公金で観光旅行をしたのだと。
憂木が反論すべくイスラエル人教授を証人として呼ぼうとしても、来日したら逮捕するかも…と検察は教授を脅迫し、外務大臣は公判で外務省職員の証言を禁止する。
卑劣で汚い東京地検特捜部と外務省の前に、このま

 

「憂国のラスプーチン6巻」を無料漫画サイトで検索

漫画村

漫画村Z

MANGA ZIP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です