奈落の羊のネタバレ(2巻)結末や感想は?メイがレイプされる!

14020

自堕落な生活を送る大学生・修二の唯一の趣味は【生配信】。ネットで人気者になれば就職せずとも生きていけると信じる彼は、ある日、ネカフェ住まいの援交女性・メイと出会う。彼女を【オモチャ】にして番組を作り、リスナーから金が集めようと考える修二。メイを懐柔しゲスな番組で企画がうまくいく、と思われたそのとき…!?

きづきあきら / サトウナンキ先生の作品『奈落の羊 2巻』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『奈落の羊』で検索 まんが王国で先行配信中

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『奈落の羊』を無料立ち読み

 

『奈落の羊 2巻』収録 第9話のネタバレ

修二の前で裸になるメイはそのまま椅子に腰をかける修二の上に跨りました。

動揺する修二にメイは「お礼です・・」「助けてくれた・・ギバちゃんさんから」

修二は自分がメイの売春で稼いだお金を隠したから疑われただけでメイは被害者だと言いかけますが、メイはたわわな胸を修二の顔に押しつけるのでした。

 

とこれは修二の夢(笑)

メイなんか相手になんであんな夢・・・

売春なんかやってるクズ・・・配信のネタで使い捨ての道具だろと自分に言い聞かせる。

 

姉がひょっこり顔を出し大学を本当にやめるのか聞かれ心配されますが、修二自身は絶好調だと心の中で思うのでした。

 

メイと一緒にいる嘉門と会い、嘉門からもギバちゃんの一件の配信を録画で見たと心配されます。

配信が切れている時何があったのか聞かれ修二は配信の仕組みの説明とメイとやっている企画を話しただけだと伝えるのでした。

 

3人はファストフード店へ行き嘉門はギバちゃんが配信に口出ししてくるんじゃないかといまだ心配しています。

修二はメイと企画の話をするから帰れと嘉門に言うのでしたが、嘉門は何かを思い出しメイにさっきのアレ渡しなよ!と促すのでした・・・

それはメイの「お礼」だと聞き、夢の中で裸であったメイを思い出し赤面する修二。

 

手袋をもらったのですが嘉門に煽られてゴミ箱へ捨ててしまうのでした。

それを見てニンマリする嘉門。

その後いい子キャラで「ダメだよしゅーじメイさんがせっかく感謝の気持ちでくれたのに」という。

 

再び修二は「俺はあいつを利用しているだけだ ただのネタ 使い捨ての道具だ」といい次はメイの妹に会いに行きメイの嫌がることをするというのでした。

家族との修羅場はリスナーの大好物だから・・・

『奈落の羊 2巻』収録 第10話のネタバレ

修二とメイは今日もネカフェで配信。

部屋に入った途端メイを縛りつけます。

これはエッチなことをするためではなく、メイの秘密を暴くためだった。

修二はメイの妹にみんな会いたがっていると言って答えようとしないメイの持ち物を漁り服の中をまさぐりスマホを見つけます。

 

スマホは個人情報の宝庫。

家族の写真やSNSの投稿などを見つけてしまいます。

そこには雰囲気の違うメイがいて、これが妹だと確信する修二。

そして家族が写っている写真の背景から場所をリスナーに特定されてしまいます。

埼玉の下尾運動公園の辺り、と。

 

本名は小嶋五月。SNSでは妹と買い物や会社の昼休み、など嘘の投稿をしています。

友達からのいいねも付いています。

 

修二はそれを逆手に取り、今縛られているメイの写真を撮りSNSに投稿しちゃおうかなとメイを脅します。

「お金もらえばなんでもします」って。

 

この写真をSNSにあげるより面白いことしないとリスナーは納得しないといい縁の切れている妹に会いに行くかメイに選ばせます。

修二を睨みつけるメイを見て修二は「そうだ それでいい メーワクなんだよあんな風に勘違いされて なつかれたって」とお礼のプレゼントをもらったりネカフェ前で待っていたりするメイに対して思うのでした。

 

そしてメイが発した言葉は「妹の・・名前・・は」

『奈落の羊 2巻』収録 第11話のネタバレ

修二と嘉門とメイは電車でメイの妹の元へ向かっています。

メイはずっと嫌がっていますがその姿ももちろん配信中。

 

嘉門は修二に「やっぱり家族と仲直りさせてメイさんを助けてあげることにしたんだ」と笑顔で言いますが修二はどーだっていいんだよそんなのといいあくまでもリスナーのための企画と説明します。

その言葉を聞いて一瞬真顔になる嘉門。

 

そしてメイの妹の家へ着き、嘉門は女の子一人だと居留守を使うかもしれないと下の住人を装ってメイの妹のインターホンを押すのでした。

当然ドアを開けるメイの妹。

その隙に嘉門は足を入れ修二たちは近所迷惑になるからと家へ入ることを妹に渋々了承させるのでした。

 

綺麗に片付いたメイの妹の部屋には死んだ両親の遺影。とその横に「両親が事故で亡くなってその後すぐに姉も亡くなりました」と言ってメイの遺影も飾ってありました。

嘉門はメイのネカフェでの生活や売春の状況を説明し、家族でしょ?なんとかしてあげてよ!と強く訴えるのでした。

 

すると妹は「姉は生きていた頃から迷惑な人で」とメイは大人になっても働かず両親に守られていたことを話し始めました。

両親が亡くなってからも仕事の面接に落ちてばかりだったのでメイに妹は当時の彼氏の実家の仕事を紹介したと言います。

しかしある時妹は自分の彼氏とメイがセックスしているのを目撃するのでした。

だから売春しているのは元々の性質だといいかけるとメイは激しく否定しました。

 

妹は突然ハサミを取り出し、メイの髪の毛と頬を切った。

「今度カオ見せたら殺すって言ったよね?」

『なんであんたが被害者ヅラしてんの?私の人生から消えろよ・・!」

 

修二と嘉門は妹の本気を感じメイの手をとって逃げ出しました。

修羅場過ぎた状況でしたがリスナーは大盛り上がり。

修二は自分は間違ってない、メイの過去や心の傷も全て配信のネタだと強く思うのでした。

 

まだまだ追記中です☆

2巻は16話まで収録されています。

12話からのネタバレはこちらの記事に書きました。

→奈落の羊の2巻のネタバレ!結末や感想と3巻の発売日はいつ?

『奈落の羊 2巻』の感想

ついに修二の配信はBANされてしまった修二の配信。

そりゃあ本物の死体が写ってしまったらそのまま配信できませんよね。

 

突然現れたメイを連れ出した男たちは最初配信していたものの、BANはこわくないらしくメイのおっぱいも映してレイプを仕掛け修二を煽るのでした。

個人的にやっていた修二の配信でしたが、注目度がアップすればするほど色々と特定され情報も拡散され今回のような事件にも発展するのは少し考えればわかることでしたが修二はそこまで考えていなかったでしょうね。

 

そして修二自身のメイへの感情の変化や無意識下にある夢の中でのメイへの幻想を打ち消すかのようにメイは配信の道具でネタなんだと自分へ言い聞かせるのは、自分の変化に戸惑っているからではないでしょうか。

だからこそ嘉門にメイに対することや付き合っちゃったりしてと冗談を言われていもさらっと返せないというか強く反応して否定するのではないかなと思いました。

 

妹との確執の原因もわかりました。

妹は自分の彼氏を取られたと思っているんですね・・・

彼氏が無理やりメイを犯していたとしても(メイはそう言っている)セックスの現場を見てしまったら理由はどうであれ二人とも許せない気持ちになっても仕方ないと思いました。

 

それが殺したいくらいに憎いんでしょうね。本当にそのことを話す妹の表情は恐ろしいものがありました。

 

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『奈落の羊』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『奈落の羊』を読む

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

すでにU-NEXTに登録済みの方はFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメ☆

こちらも初月無料のプレミアムコースに登録すると100円分のポイントがもらえますのでお得に漫画を読めちゃいます。

まとめ

大きな事件に巻き込まれていく修二たちでしたがこれからますます刺激的な配信をしてしまうのか!

3巻の発売日は2016年秋とのことです。

『奈落の羊』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『奈落の羊』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です