外道の歌のネタバレ(2巻12話)加藤真理絵が犯した罪

大ヒット中の善悪の屑の続編である

渡邊ダイスケ先生の作品『外道の歌』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『外道の歌』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『外道の歌』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『外道の歌』を無料立ち読み

[ad#do]

『外道の歌』の2巻第12話のネタバレ

12話は2巻収録になります。

→外道の歌の2巻の発売日はいつ?

→外道の歌10話のネタバレと感想

→外道の歌11話のネタバレと感想

外道の歌 12話

■ネタバレと感想

外道の歌は、現代版にした仕事人のような作品です。

1話を読み、犯罪に巻き込まれた被害者が無念を晴らすために「カモメ古書店」に依頼し、その復讐を代行するというシンプルながらもスカっとする復讐劇…と思ってましたが、その内容は衝撃を受けるほど痛々しいものです。

12話となる今回は、11話から数ヵ月後となります。

前回以前の10話~11話はカモが直接的に関わる場面はなく、今後の導入編だったのかな?という感じで説明的な部分ばかりでした。

10話から11話において、特に娘の乃亜が笑わない子供に育ってしまったのは、結局のところ真理江の境遇と同じように育ててしまっていた部分はありますが「カモが登場するほど裁きを受ける程の親なのかのだろうか」と思っていました。

そして予想通り、今回は物語が大きく動きます。

12話となる今回、周囲から浮いてしまっている加藤に対して、相変わらず周囲は反応も薄く、ママ友も加藤が切り出す会話へ言葉を詰まらせていました。

そんな中で、前野が「この間、ランチに行ったイタリアンのお店なんだけど~」と話を切り出し、テレビで紹介されていたことを「見た見た!」と反応するママ友の皆。

勿論、加藤は知る筈もなく…。

家に帰宅後、「私、誘われてないんだけど!!」と荒れ、怒りを発散しているところに娘の乃亜が「あかりちゃんのお誕生会いってもいい?」と尋ねてきました。

お誕生会という聞きなれない言葉に、取り敢えず話しを聞いてくれるママ友に「お誕生会ってあるの?」と訊くと、前野の家出予定しているお誕生会に呼ばれているというママ友。

ところが、お誕生会を知っていても乃亜は前野にお誘いを受けていなかったのです。

前野の考えで、乃亜がお誕生会で外されたことに、いよいよ苛立ちが抑えられなくなった加藤は、「私の人生を否定しているんだな」といよいよ危ない方向に考えが向いてきます。

今までの苦労を全て否定されたと思ったのか、加藤は「許せない」とある考えを決心します。

そして時間が経ち、幼稚園の送り迎えの当番になった加藤は、この時を待っていました。

この時点で、10話から11話にあった「どうして裁きを受ける必要があるのか」という考えが、「裁きを受ける結果になるだろう」と考えがひっくり返ります。

送り迎えで車を運転していた加藤は、「あかりちゃん、かくれんぼをしよう」と言ったあと、人気のないところに車を走らせ、山で子供たちを下ろしました。

加藤は「私が鬼をやるからね」と言って、あかりちゃんを隠れさせると、娘の乃亜だけを車に戻し、ポケットから”ヒモ”を取り出します。

そして、隠れていたあかりちゃんの前に現れた加藤は、恐ろしいほど無表情で…。

もう、嫌な予感は的中しました。

その後、加藤は”一人で”乃亜が待っている車に戻ります。

不思議に思う乃亜に対して、加藤は「あとで、あかりちゃんのママが迎えにくるから大丈夫」とむちゃくちゃな話を、笑いながら言います。

この瞬間、嗚呼…もうこの人は壊れてしまったんだと、裁きを受けるべき人間になってしまったんだと感じました。

最後に「今日は焼肉でも食べにいこう」と言ったセリフは、忘れることが出来ません。

ここで、13話へと続いていきます。

『外道の歌』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『外道の歌』を読む

PCの方はこちら

→『外道の歌』を読む

[ad#co-1]

『外道の歌』の12話の感想

10話~11話の伏線というか、導入編は今回の繋がりのためにあったものだと本当に引き込まれる内容となりました。

「外道の歌」のタイトルどおり、外道の一人になってしまった加藤にどのような結末が待っているのか、本当に気になるところです。

 

続きが気になりますね!

→外道の歌 ネタバレ 8話の結末!

→外道の歌 ネタバレ 9話の結末!

→外道の歌10話のネタバレと感想

→外道の歌11話のネタバレと感想

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『外道の歌』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『外道の歌』を読む

PCの方はこちら

→『外道の歌』を読む

[ad#co-2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です