保護者失格。一線を越えた夜の7話ネタバレ・無料試し読みはココ

6話に入ってから叔父の暴走が始まり、ついに「保護者失格。」っぽいシチュエーションが始まってきたか?と思いきや、ちづるは叔父からとんでもない一言を言われます。

今まで優しい叔父さんということで慕ってきたちづるにとっては、とても辛い言葉でした。

その言葉というのが・・・

関連記事のIDを正しく入力してください

6話の詳細に関しては、こちらの記事をチェックしてみてください。

また、これより先はネタバレ情報が含みますので、先にストーリーを直接お読みになりたい方はこちらから無料で立ち読みをオススメします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「保護者失格。一線を越えた夜」を無料試し読み

もしくはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」を無料試し読み

 

「保護者失格。一線を越えた夜」の7話のあらすじ

そんなことを言うためにこんなことをしたの?

叔父にひどいことを言われたちづるは泣きながら必死に叔父のことが好きだ。ということを訴えかけます。

結局、叔父は前に恋愛と家族愛についてちづるに語っていましたが、吉村君のことを見てからの叔父はヤキモチで気持ちが冷静にいられずにいました。

「私の方が家族愛なのか恋愛感情なのかわからなくなっているかもしれない。」

と叔父はちづるに謝ります。

それを聞いたちづるは、

「それでも叔父さんのことは好きだよ。好きになってとは言わないから、なかったことにはしないでほしい。」

と、叔父に自分の気持ちを必死で訴えかけます。

わかった。と叔父はちづるに答えて、その場はひとまず落ち着きます。

ただ、それでも叔父の気持ちに対して不安があるちづるは叔父にこんな話を持ちかけます。

「叔父さん、今日いっしょに寝てもいい?な、なにもしないので」

普通、それは男が言うことだ。という叔父の言葉で緊迫した空気が一気に変わります。

それでその夜はちづるは叔父のベッドへ行き、いっしょに寝るのですが・・・

これ以上のネタバレは面白くなくなってしまうので、あなたの目で実際に読んでみてください☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「保護者失格。一線を越えた夜」を無料試し読み

もしくはこちら

「保護者失格。一線を越えた夜」を無料試し読み

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

1ヶ月の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

1ヶ月無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です