ミッドナイトセクレタリのネタバレと最終回の結末!感想とあらすじもアリ!

こんにちは!

大海とむ先生の作品『ミッドナイトセレクタリ』を読みました。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『ミッドナイトセクレタリ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『ミッドナイトセクレタリ』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『ミッドナイトセクレタリ』を無料立ち読み

『ミッドナイトセクレタリ』のあらすじ

主人公の花夜は食器メーカー、トーマの常務・当麻杏平(とうまきょうへい)の秘書を命じられます。

「もっと見栄えのするのを連れてこい」初対面の花夜に対し、そう言い放つ杏平。彼は仕事の有能さだけでなく、女性関係の激しさや身勝手で横柄な人柄でも有名な男でした。

そのうち杏平も花夜の優秀さを認めざるを得なくなりますが傍若無人な態度は相変わらずでした。

ある晩、花夜は常務室で杏平が女性の血を吸っている場面を目撃します。なんと杏平は吸血鬼だったのです。

甘美な気持ちになっているときの女の血が極上なのだという杏平は女性を傷つけることなく、ごく微量な血を女性たちからもらうことで飢えを満たしていました。秘密を知った後も花夜は日夜、一所懸命に秘書として杏平を支えます。

杏平に惹かれていく自分に戸惑う花夜。初めは花夜を全く女としてみようとしなかった杏平も献身的な彼女の姿にだんだん心を開くようになり、ふたりは互いを必要不可欠な存在として認め合うようになります・・。

[ad#co-1]

『ミッドナイトセクレタリ』のネタバレと感想

人間と吸血鬼の恋。いかにも前途多難な関係です。

人間を見下す誇り高き吸血鬼の杏平は初め、自分の花夜に対する気持ちを認めたくなくてあがきます。

幾多の感情の軋轢を乗り越え、やっとお互いへの深い愛情を認めるようになった杏平と花夜ですが当然のごとく周囲の激しい反対に遭います。

「一族からの追放」という残酷すぎる宣告を受けても動じない杏平の毅然とした姿は「花夜以上に失いたくないものなどない」という強い想いの表れでもあり、胸キュンでした。

誰かを心の底から愛するとここまで変わっちゃうんですね。「愛し合うふたりが周囲によって引き裂かれてしまう、悲恋ものの典型的な結末になってしまうのでは」とハラハラしましたが無事、ハッピーエンドになってくれてよかったです。

花夜のお腹に授かった命。きっとこれからも沢山の困難が待ち受けているのでしょうが」強い絆で結ばれてるふたりだから大丈夫でしょう。

後半、急展開の連続にちょっと急ぎ足過ぎるのでは?という感も否めませんでしたがよくあるパターンでもあるかなと思いました。

オフィスラブな面、ちょっとHな面、ちょっとファンタジーな面と様々な側面を持ったストーリーだったので最後まで楽しむことができました。多くの人が好みそうな可愛いイラストも魅力の一つかもしれません。

ひと味違ったラブストーリーを楽しみたい人にオススメです。

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『ミッドナイトセクレタリ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『ミッドナイトセクレタリ』を読む

PCの方はこちら

→『ミッドナイトセクレタリ』を読む

[ad#co-2]

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

まとめ

可愛いイラストで描かれるちょっと異色なオフィス・ラブストーリーです。俺さま系、ツンデレ・イケメンがお好きな方にはオススメです。

 

 

『ミッドナイトセクレタリ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『ミッドナイトセクレタリ』を読む

PCの方はこちら

→『ミッドナイトセクレタリ』を読む

[ad#do]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です