もののべ古書店怪奇譚のネタバレと結末は?感想とあらすじもあり

鬼

紺吉先生の作品『もののべ古書店怪奇譚』のネタバレと感想を紹介しています。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『もののべ古書店怪奇譚』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『もののべ古書店怪奇譚』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『もののべ古書店怪奇譚』を無料立ち読み

『もののべ古書店怪奇譚』のあらすじ

『物部書店』に騒がしく入ってくる“近藤 (こんどう)”、騒がしさにうっとうしそうに「何だよ近藤うるせーな」と店主の“物部 正太郎 (もののべ しょうたろう)”

そんな態度をものともせず近藤は「見て下さい!うちの雑誌の新刊!」と『幻想怪奇』という雑誌を見せてくるのでした。

その雑誌に興味津々な少年“シロ”。

しかし正太郎は「放っとけシロ、どうせまたでっち上げだ。 人形屋敷も鵺の鳴き声も管憑きの一族も妖術師も夜道を走る火車も隠里も河童も千里眼の女も全部ガセじゃねーか。」と全く相手にしない様子。

それでもめげない近藤は「次のネタは絶対本物です!実際の事件で山向こうの稲尾町の殺人! 新聞にも載っていて、今月に入って女が二人殺されたんですよ、それもかなり異常な手口で!」と自慢げに語るが、正太郎に「異常って… 具体的には?」と聞かれると近藤は爽やかな笑顔で「警察の報道規制で全くわかりません!」などど言い切るのでした。

半信半疑ではあったものの気になった正太郎は「ネタの出どころは信用出来ねぇがまぁ一応だ、お前も早く準備しろよ。 『鬼書(きしょ)』絡みかもしれないからな。」とシロに声をかけ荷造りをするのでした。

異常な手口の事件と鬼書とは?

そして店主、 物部正太郎は一体何者で何を探しているのか…

『もののべ古書店怪奇譚』のネタバレと感想

【鬼が書いたとされる本がある。 かつては一冊、今は幾重にも分かれてしまったそれは目を通したものを同族とする為の作法が幾通りにも記され、その本に惹かれた者はたちまちにその作法に手を出してしまうという。 即ち鬼と化す。】

【前提として鬼書絡みの殺人は異様な様相で発見される】

汽車で稲尾町に向かう正太郎とシロ。

考え込む正太郎《内容はまだ良くわからんが異様な状況という話だったな… 鬼書の仕業だとしてわかるのは男と老人には興味が無い事くらいか。 『どの項』を読んだか特定できる程の情報はまだ無い…》

【鬼書から生まれし人鬼は人に混じりて贄を求める。 見破る術はひとつも無く。 打ち破る術はひとつだけ…】

町中で聞き込みをする正太郎だが、変な事件があった最中変な本の聞き込みをする正太郎に町の人々は素っ気なった。

そんな時、シロに「坊や!!私の坊や!!」といきなり摑みかかる女性が、しかし人違いだと分かると「私の坊や…どこ…」とフラフラ去っていった。

近くに居合わせた女性が事情を教えてくれて、彼女の一人息子が先月居なくなって気が触れてしまった事、子ども好きの優しい駐在さんにも相談した事、そして自分が妊娠しているが事件のこともあって怖くて内緒にしている事…

その事件が『お腹の中だけ引きずり出す』異常な方法である事など。

そして次の被害者は妊娠していたその女性だったが、すんでのところで助かったのでした。

その現場に、町に来たばっかりの時にシロが駐在さんにあげた『しおり』が落ちていたのに気づいた正太郎は駐在のもとへ。

駐在に向かって「町の者から相談を受けたから誰の腹に子がいるかわかる。 あんたは幼い子を愛でる鬼だったんだ。 鬼書を読んだ人間はそれがそのまま名に転じる、生きた鬼書になるんだ。 名を当てられた鬼は人に化けてはいられない。 『鬼書 第六十四の項“童一口(わらべひとくち)”』それがあんたの正体だ。」

正太郎がそう言い放つと、駐在は見る間に異形の姿へと変貌し襲いかかってきたのです。

なんとかすんでのところで鬼の攻撃を躱すが力の差は歴然、右腕を切り飛ばされてしまい最悪な状況な時に正太郎を探しに来たシロに鬼が狙いを替え襲いかかった瞬間、正太郎が盾になり腹に風穴を空けられ倒れてしまった。

それを目の前で見せつけられたシロは笑いながら「そろそろ道化も飽きた。 もう殺してかまわんぞ。」そう言うと、左右の額に角を生やした正太郎が一撃で鬼を八つ裂きにしたのです。

刻まれた鬼が不思議そうに問いかけると正太郎は「まぁ俺も確かにお前と同じ鬼だよ。 ソイツにいいように使われてる以外はな。」そう言われたシロはいつもの可愛らしい顔ではなく、禍々しい表情で刻まれた鬼に「さぁこの『神虫(しんちゅう)』の贄となれ。」と鬼を喰らうのだった。

日頃可愛らしく愛らしい子どものシロの正体は『神虫(しんちゅう)』と呼ばれる禍々しき存在で、そのシロに従属関係にある『猟書鬼』と呼ばれる正太郎。

他の鬼と違い人間を食べることなく、鬼を討つことを生業としているのであった。

そして奇怪な事件が起こってはそれを調査、犯人を推理し鬼書から鬼化したモノたち『爪食み』・『腸吸い』・『食心鬼』・『目玉啜り』を討っていく正太郎。

鬼書研究をしている作家先生、そして鬼でもある“夜木(よき)”と共に鬼書の謎を解明しつつあった。

しかし、“月子”の事件『面喰い』の鬼の一件で鬼化が鬼書によるものだけではなく『遺伝』だという驚愕の真実が明らかになるのです。

『面喰い』の事件で地下室に攫われていた謎の記憶喪失少女“マユ”、正太郎に保護され物部古書店に居着いた彼女の出自の村に秘められた、おぞましき真実とは…

最新刊の3巻にてご覧ください。

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『もののべ古書店怪奇譚』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『もののべ古書店怪奇譚』を読む

PCの方はこちら

→『もののべ古書店怪奇譚』を読む

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

すでにU-NEXTに登録済みの方はFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメ☆

こちらも初月無料のプレミアムコースに登録すると100円分のポイントがもらえますのでお得に漫画を読めちゃいます。

まとめ

レトロ感溢れる画、そして鬼気迫る猟奇的描写・鬼、謎の『神虫』との主従関係、鬼を暴くまでの推理。

猟奇的和風幻想譚!画も綺麗で面白く素敵な作品です。

ただただ鬼を討つだけかと思いきや最新刊で新たな真実が!

まだまだ謎が深いストーリーから目が離せません。

『もののべ古書店怪奇譚』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『もののべ古書店怪奇譚』を読む

PCの方はこちら

→『もののべ古書店怪奇譚』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です