‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 のネタバレと感想!9巻の結末とあらすじもアリ!

%e5%b0%86%e6%a3%8b

先生の作品『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』のネタバレと感想を紹介しています。

以下ネタバレが含まれますので
先に無料の試し読みをオススメします。

『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』を無料立ち読み

PCの方はこちら

→『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』を無料立ち読み

『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』のあらすじ

インタビューに答える将棋四冠王 “羽生 善治(はぶ よしはる)”

「ええ・・・ 彼は本物の将棋指しでした。」

と当時の対局を思い出す様に語り出した羽生。

「一手一手の密度が異様に高いというか、勝負所を知る嗅覚が鋭いというか。」

と対戦相手を大絶賛するのでした。

「あれは・・・ 平成9年2月の竜王戦でしたか・・・」と回想シーンになり羽生は語り続けるのでした。

「局面は私の二歩得で☗5二銀の狙いもあり、私の方が指しやすいと思っていました。 ところが・・・」

バシッ!!!

激しく指しこむ“村山 聖 (むらやま さとし)”

驚愕する羽生「《7五飛!?》 予想だにしなかったその強手を見て・・・ 私は自らの形勢判断が甘かった事に気付きました。」

鬼気迫る指し合いが繰り広げられるシーン、そして羽生の口から「負けました・・・」

と、うな垂れながら敗北の意を表すのでした。

そして、羽生は「彼との対局は、いつも互いに相手のふところに飛び込んで、血を流して斬り合うような戦いになりました。」

過去を振り返るのでした。

将棋で天才と言われる羽生が絶賛する村山 聖とはいったいどんな人物なのか?

その人生は?

『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』のネタバレと感想

羽生はインタビューの中で「しかし・・・ 彼・村山 聖がその一年後に亡くなってしまうなんて・・・ まったく想像すらできない事でした・・・」

と衝撃の事実を語ったのでした。

そして村山 聖の幼少期、昭和52年 広島中央病院に入院しており、母親に送った手紙には『おかあちゃんげんきですか こんどから花をもってこないでください。 はなびらがちるからです。 12/3 くもり さとしより』と何とも悲しげな内容が記載されていた。

とある夜、散った花びらを見ている聖少年。

不意に聞こえてくる悲しみに満ちた声が・・・

「あっ・・・あああ―――!!! 友子おお―――!!

その日の夜・・・ 友子ちゃんが死んだ・・・

あわただしスリッパの音、奥の集中治療室から機械が運び出される。

お母さんの泣き叫ぶ声・・・

そして最後に重い、重いベットの移動する音・・・

友子ちゃんが運ばれていく・・・  音が遠ざかる。

業務専用エレベーターのドアが開き・・・閉まる・・・

そして部屋の中にコチコチと時計の音だけが残る・・・

僕たちは、まんじりともせず息をひそめている。

友子ちゃんの死が僕たちに、重くのしかかる・・・

聖が入院していた病院では、重い病気を持つ子供たちが入院生活を送っていて、学校に通えない聖たちは院内学級に通っており、友子ちゃんもその中の友達で、聖を含め何人もの子どもが入院していた。

重病のせいで『してはいけない』事が多い中、聖は娯楽室で年上の“直人 (なおと)”と将棋を指す事が日課のようになっていた。

しかし、まだ幼かった聖は直人に勝つことはできず負ける度に、対局についてよく考えらされていたのでした。

その直人が病気で苦しむ中、聖に「さっきの将棋な、お前が勝ってたんやぞ・・・ 他の手は全然ダメやが、一つだけお前の勝つ筋があったんじゃ・・・ どんな攻められても負けそうでも・・・ 踏んばって、考えて考えて捜せば・・・必ずどこかにあるんじゃ、生き残る道が・・・」

と、将棋でも病気にでも考えて目を向ける事を強く考えらされるのでした。

聖は5歳で病気が発病し、最初は寝起きに手が握れないほど腫れていて熱もある状態で病院で『ネフローゼ』という腎臓の病気であると診断された。

体のだるさ・むくみ・蛋白尿の症状など、動き回ることは許されず、点滴と厳しい食事制限。

薬の副作用で、顔が月のように丸くなるムーンフェイスに。

幼い聖は自分になにが起こっているのか理解できなかった。

そして、親友であり師でもあった直人の死により、聖は将棋と生きることに真剣に向き合うのでした。

その後、聖は『中国こども将棋名人戦』で3位に入賞して以降、頭角を表し、小学5年の頃には全国大会・小学生名人戦に出場し、後のライバルである“羽生 善治”・“佐藤 康光”と巡り合う。

それから、奨励会試験を受験・合格、四段昇段を遂げ、デビュー直後に快進撃、プロ入りなど激動からさらに

順位戦初黒星、羽生との初対局、羽生との初対局に敗れ、その失意から不調に陥り傷心の中、北海道へ一人旅

そして、膀胱癌の宣告をうけてしまう。

そこから、降格してしまったA級への執念の復帰、壮絶な膀胱癌との闘いと、順位戦A級に在位したまま29歳の若さで亡くなるまでの生涯が濃く・熱く描かれている。

細かい内容はぜひご自身の目で
確かめてみてください!

『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』を読む

PCの方はこちら

→『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』を読む

1巻全部無料で読むならココ!

読みたい巻を丸ごと無料で読む方法を探すとネット上にzipやドロップ、nyaaといった形式で違法にアップしているWEBサイトはたくさんありますがリスクがあります。

→漫画をzipやドロップ、nyaa等の場所からDLした際のリスク

自分の読みたい漫画があっても、違法じゃなく安全に読みたいですよね。

そんな時にオススメなのがU-NEXT<ユーネクスト> です。

U-NEXT<ユーネクスト> とは作品数10万本以上という日本最大級の動画サービスサイトでドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍もあるんです!

しかもファッション誌やビジネス誌・週刊誌などは70誌以上が無料で読み放題だから雑誌は買わなくなりました^^

31日間の無料お試しキャンペーンがありますので、好きな時に漫画を楽しむことができます。

それに登録すると600円分のポイントをもらえるのでそれを使って有料の作品も無料で読めちゃいます♪

31日間無料お試し期間中に退会をすれば、料金は一切かかりませんのでまずはU-NEXT<ユーネクスト> の無料お試しで好きな漫画を読んでみてください^^

→いますぐU-NEXTで漫画を無料で読む

すでにU-NEXTに登録済みの方はFOD(フジテレビオンデマンド)がオススメ☆

こちらも初月無料のプレミアムコースに登録すると100円分のポイントがもらえますのでお得に漫画を読めちゃいます。

まとめ

『将棋』自体詳しい訳でも興味がある訳でもないですが、この作品に関しては聖の人生、病気や家族・友達などの環境を通してとても濃厚な内容で将棋を知らなくてもなんだか読み進めていってしまいます。

聖の命を賭けたかのように対局に向き合う姿は、作画の中からもヒリヒリと伝わってくるようでした。

実写化されるのも納得の素晴らしい作品です!!

『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』を読む

PCの方はこちら

→『‐天才・羽生が恐れた男‐ 聖 』を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です